top of page
  • reactiontaekwondo

お家でトレーニング

いよいよ2020年も終わりに近づいてきましたね。

今年はコロナウイルスの影響もあり、お家で過ごす年末になりそうです。


今日は普段私が行っているお家でできるテコンドーのトレーニングを

紹介します。


一つ目が、下半身のトレーニングとして取り入れている「四股」

相撲で取り入れられる代表的なトレーニングですが、

テコンドーの蹴りに必要な筋力や感覚を身に付けるのにとても良い

トレーニングです。

①つま先を外にし、腰を落とす

②軸足に重心を移す。

③足を上げる。

④元あった位置に足を下ろす

☆つま先で地面をつかむ感じでしっかりバランスを取る。

☆足を下ろすときに腰を上手に使って遠くに足を置けるようにする。

まずは20回くらいを目標にやりましょう!


2つ目が「拳立て」

上半身および体幹のトレーニングと同時に、

相手に当てる部位を固く鍛えるために行っています。

①体をまっすぐにしつつ、拳の赤〇の部分を床に付けます。

②できるだけ体が床につくぎりぎりまでおろし、ゆっくり元の位置まで上げる

☆体をまっすぐに保てるように!

☆できれば固い床がいいですが、最初はタオルを引いたり、マットを引いたりしても。

はじめは10回1セットくらいから。慣れてきたらセット数を増やしたり、連続でもう少しできるといいですね



③体幹、腹筋トレーニング

姿勢の保持や、足を上げたりするのに大切な腹筋、体幹のトレーニングを2種類。

一つ目はプランク。

前腕とひじ、つま先を地面につき、その状態をキープします。

体をまっすぐにキープするのが大切。まずは30秒間チャレンジしましょう。

慣れてきたら、片腕や片足を上げたり、対角線の手足を上げたりすると負荷を上げられます。


2つ目は、足を上げる腹筋

①足と背中を上げた状態から

②膝をひきつけ

③足をのばしながら床にぎりぎりまで近づける。

20回を2~3セットできるといいですね!


ということで、今日はいつも行っている下半身、上半身、体幹のトレーニングの紹介でした!

よければお家でもトレーニング頑張ってみてくださいね!

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page