top of page
  • reactiontaekwondo

一つの節目

昨日は担任している子達の卒業式でした。

学校で勤務する自分としては、やはりこの時期が1年の終わり、という感じがします。


本当に今年度は忘れられない1年となりました。

4月から休校で子ども達と顔を合わせられないところからスタート。

ICT担当として、慣れないteams対応や動画作成を手探りで行いながらのオンライン授業。そしてようやく子どもと顔を合わせた分散登校。

それから始まったコロナの感染対策をしながらの学校生活。

小学校生活最後を彩るたくさんのイベントが、中止を余儀なくされました。


様々な経験をする「機会」こそが人を成長させる。

そう思うからこそ感じる今年度の難しさ。


小学校最後の一年を、何もできない、何もかも奪われた一年で終わってほしくない。

この一年はそのための戦いの日々でした。


「イベントがないなら自分たちで作ろう。」

「この1年にはきっと意味がある。」

「今年はできなくてしかたない『例外』の一年じゃなく、

今年だからできた『特別』な一年にしよう」


そんな言葉をかけ続けて一年。

自分達で「逃走中」のレクを企画しよう、

オリジナルの脚本で映画を撮ってみよう、芸人を完コピして漫才してみよう、

マインクラフトの世界で遊んで、自分たちで卒業制作してみよう、

卒業記念の黒板アートしてみよう・・・

本当に言った通りに、自分たちで工夫して、

今年だからできることにチャレンジしてくれた子ども達。


昨日の卒業式に際して、

「最高の一年だった」

「一生忘れられない思い出ができた」

「今までで一番楽しい一年だった」

そんな言葉がたくさん、涙ながらに言ってくれた。


本当に本当に大変な一年でしたが、

私の人生にとっても、大きな価値のある一年にできました。


今まで「当たり前」にあるものと思っていたからこそ、

その「有り難さ」に気付く。


テコンドーに関してもそう。

練習できない時期や、大会がないからこそ、その「有り難さ」がわかる。


この一年はそんな一年でした。

とりあえず、まずは一区切り。

明日からまた、次の一年へ




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page